ソフトBから「七人の侍」 3月強化試合メンバー発表 上林は初のフル代表

昨年11月の国際大会に出場、韓国戦の延長10回に同点3ランを放った上林
昨年11月の国際大会に出場、韓国戦の延長10回に同点3ランを放った上林
写真を見る

 3月のオーストラリア代表との強化試合(3日・ナゴヤドーム、4日・京セラドーム大阪)に臨む野球日本代表「侍ジャパン」の全メンバーが20日に発表され、福岡ソフトバンクから上林誠知外野手(22)が年齢制限のなどのないフル代表では初選出された。

 若手中心で臨んだ昨年11月の国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ」に出場した上林は、かねて稲葉監督から高い評価を受けていた。同大会では5番打者を任され、初戦の韓国戦でタイブレークの延長10回に同点3ランを放つなど活躍した。

 上林のほか今宮健太内野手(26)、アマチュア時代を含めても初の岩崎翔投手(28)、プロでは初となる東浜巨投手(27)も代表入り。1月に先行発表された千賀、甲斐、柳田の3選手を加え、ソフトバンク勢は「七人の侍」となった。

=2018/02/20 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]