ソフトB育成サウスポー長谷川宙、ピンチで踏ん張り…アレッ、どこ行くの!?

4回途中から2番手で登板した長谷川宙
4回途中から2番手で登板した長谷川宙
写真を見る

 ◆オープン戦 ソフトバンク1-3西武(6日・ヤフオクドーム)

 緊迫した場面で登板したソフトバンク育成の高卒2年目左腕・長谷川宙が、登板後も冷や汗をかいた。

 先発中田が1点ビハインドの4回に1死一、二塁のピンチを招き、西武秋山、源田の左の1、2番コンビを迎えたところで長谷川宙がリリーフ。ヤフオクドームでの1軍戦は3日の阪神とのオープン戦に続き2試合目となった。

 昨季リーグ首位打者&最多安打の秋山に対してストライクが入らず、四球で満塁とした。昨季新人王の源田には粘られながらも、三塁松田がはじいて遊撃今宮が捕る珍しい遊直でアウトを取り、ここで交代。

 通常、降板した投手は本塁から遠い側からベンチへ戻るものの、ここで長谷川宙は本塁側から戻った。初々しい行動は先輩たちの笑いを誘い、ベンチ内で中田から順路を教わる姿も見られた。

=2018/03/06 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]