ソフトB、ヤフオクD大幅改修計画を発表 敷地内に自社ビル、2020年春開業へ

ヤフオクドーム敷地内のソフトバンク自社ビル建設予定地を示すイメージ画像(C)SoftBank HAWKS
ヤフオクドーム敷地内のソフトバンク自社ビル建設予定地を示すイメージ画像(C)SoftBank HAWKS
写真を見る
デザインを一新するヤフオクドーム球場内コンコースのイメージ画像(C)SoftBank HAWKS
デザインを一新するヤフオクドーム球場内コンコースのイメージ画像(C)SoftBank HAWKS
写真を見る

 ソフトバンクは10日、「FUKUOKA 超・ボールパーク宣言」として、本拠地ヤフオクドーム(福岡市)敷地内での自社ビル建設と、同ドームの改修計画を発表した。

 今年が球団創設80周年、来年は福岡移転30周年の節目。ヤフオクドーム敷地内に建設する「エンターテインメントビル」(仮称)は地上7階建てで、同ドーム3階部分の外周通路に接続。延べ床面積約1万7000平方メートルで、2020年春の開業を予定する。

 同ビル内に、現在は同ドーム内にある「王貞治ベースボールミュージアム」をリニューアルオープンするほか、球団は「『スポーツ』・『知的好奇心』に新たなテクノロジーを加えたエンターテインメント」「食」などの分野で「世界中の最先端施設の研究に基づいた様々な革新的エンターテインメントコンテンツが展開される予定」としている。

 同ドームの改修では、自社ビルへ移転する「王ミュージアム」部分の座席化などで、野球開催時の最大収容人員(現在3万8530人)の4万人超を目指す。コンコース(球場内回遊通路)も壁面、床面を明るい色に塗り直すなどしてデザインを一新。バックスクリーンの大型電光掲示板「ホークスビジョン」は中央の3枚をシームレス(途切れのない)表示に改修し、立体音響システムも導入する。

=2018/04/10 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]