援護弾のソフトB松田、お立ち台で明かす…東浜の昨年と今年の違いは○○の量?

ヒーローインタビューの最後を「1、2、3、マーッチ!」で締めくくる松田(右)と福田
ヒーローインタビューの最後を「1、2、3、マーッチ!」で締めくくる松田(右)と福田
写真を見る

 ◆ソフトバンク5-3(17日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク松田がお立ち台で、亜大の後輩でもある東浜への思いを語った。

 2回に相性のいい楽天・岸から先制2ラン。「追い込まれてたんで、とにかく粘る意識。真っすぐをコンパクトに打てて、きっちり(ホームラン)テラスに入ってくれて良かった。今日は、まだ勝ちがついてなかった後輩の東浜が投げてたんで。何とか早い回に点を取ってあげたかった」と振り返った。

 今季初勝利ながらも6回途中3失点で降板と、まだ本調子ではない後輩右腕。その様子を「今年なんか、メチャメチャ汗の量が多い」と見ていたと言い「今日の勝ちがついて良かったと思う。次からしっかり投げてくれると思う」と励ました。

 チームは4連勝。話をまとめて恒例のマイクパフォーマンス「1、2、3、マッチ」に移ろうとしたところで、ともにお立ち台に上がった福田からマイクを奪われ「先輩(松田)はテラスでしたけど、僕はスタンドに入れました」といじられていた。

=2018/04/17 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]