ソフトB、北の大地でキューバ旋風 グラシアル来日初タイムリー デスパに続く6番に昇格

4回1死一、二塁、グラシアルは中前適時打を放つ
4回1死一、二塁、グラシアルは中前適時打を放つ
写真を見る

 ◆日本ハム-ソフトバンク(21日・札幌ドーム)

 ソフトバンクの新外国人、グラシアルが来日初タイムリーでチームに貴重な追加点をもたらした。

 1点リードの4回1死一、二塁、有原の投じた高めのスライダーを巧みに捉えてしぶとく中前へ。「詰まったけどコンパクトに打てた。得点圏だったし追加点が早く欲しいところだったので打てて良かった」。一塁ベース上で拳を握って喜びを表現した。

 「7番左翼」で来日初スタメンとなった前日20日のカード初戦では初安打を含む3安打。2試合連続のスタメンで打順が6番に昇格し、首脳陣の期待に応えた形だ。5回に4号2ランを放った5番デスパイネとともに、キューバ出身コンビが北の大地でたっぷりと存在感を見せつけた。

=2018/04/21 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想
ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]