ソフトB工藤監督、大敗にため息「四球ですよ」 3位後退…首位西武と5.5差

7回の守備が始まる前、選手の交代を告げる工藤監督
7回の守備が始まる前、選手の交代を告げる工藤監督
写真を見る

 ◆ソフトバンク6-12西武(25日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは西武打線の勢いに飲み込まれた格好だ。

 3回と6回に6失点ずつ。試合後に「ビッグイニング2回ですからね」と切り出した工藤監督は「四球ですよ。フォアボール」とため息交じりに言った。

 来日ワースト10失点の先発バンデンハークは、与四球6。四球の走者を本塁打でかえされる最悪のパターンだった。指揮官は「もったいないっちゃ、もったいない。攻めて打たれるのはしょうがないところもある。余計なフォアボールを減らせば、後半に打線も点を取って…というところもあるし」と渋い顔。

 捕手も含めたバッテリーに対し「逃げちゃうと、こういう結果になっちゃう。ピッチャーは逃げてないって言うかもしれないけど、結果的にフォアボールだったら逃げたように見えちゃう。それはダメ」と反省を促した。

 ゲーム差がなかった日本ハムと入れ替わり、3位に後退。首位西武とのゲーム差は5.5となった。

=2018/04/25 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]