マジかよ!ソフトB柳田、女子大生相手の「1打席対決」でヘルメット飛ぶフルスイング

試合前のイベントで、女子大生投手と対戦する柳田
試合前のイベントで、女子大生投手と対戦する柳田
写真を見る

 ◆ソフトバンク-オリックス(6日・ヤフオクドーム)

 ガチンコモードのソフトバンク・柳田から、現役女子大生が空振りを奪った。

 昨年9月のプロ野球通算10万本塁打を記念した、日本野球機構(NPB)の「BIG CHALLENGE PROJECT ~100,000 号達成で憧れの選手と1打席対決!~」。兵庫・武庫川女子大野球部の右投手・村上更沙(さらさ)さん(3年)は、ツイッターで告知を見て「プロ野球の中でもトップの選手。すごいスイング」と、「ソフトバンク」「柳田」を選んで応募し、今回の対戦権を手にした。

 試合前のマウンドに軟式球を持って登場。初球の106キロで場内を沸かせた。3ボールからの4球目で初めて振ってきた柳田は、フルスイングでファウル。村上さんは「テレビで見たそのままのフルスイング。ほんまにヘルメットが取れるんや」と感激した。

 次のインハイの球を打たれ、右翼フェンス直撃の当たりにされた。「いったと思いました。この春から『M球』になって(規格変更)飛ぶようにはなったんですけど、あそこまで飛んだのは見たことないです」と、また感激。

 規定で最後の7球目はナチュラル変化のシュートで空振りを奪った。柳田から「いい球、投げるね。大学生?」と声をかけられた右腕は、8月の全日本大学女子選手権に向け「柳田選手を抑えられるぐらいのピッチャーになって、メダル(3位以内)を取りたい」とすっかりその気だった。

=2018/05/06 西日本スポーツ=

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]