1イニングに4投手 ソフトB工藤監督、勝ち越し点阻止へ必死の継投策を敢行

7回2死二、三塁、日本ハム・アルシアを空振り三振に仕留めたモイネロを出迎える(左から)加治屋、二保、嘉弥真
7回2死二、三塁、日本ハム・アルシアを空振り三振に仕留めたモイネロを出迎える(左から)加治屋、二保、嘉弥真
写真を見る

 ◆ソフトバンク-日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク工藤監督が同点の局面を乗り切るべく、小刻みな継投策に出た。

 2被弾で4失点の先発・東浜を6回限りで降板させ、同点で迎えた7回から継投に移った。2番手の二保が1死を取った後、9番清水へ死球。続く左の西川のところでサウスポー嘉弥真を投入し、二ゴロに仕留めた。

 嘉弥真はワンポイントで、2死一塁で当たっている右の大田泰を迎えると、今度は加治屋を投入。ところが左翼フェンス直撃の二塁打を浴びた。辛うじて勝ち越し点こそ奪われなかったが、二、三塁のピンチ。続く左のアルシアに対し、この回だけで4人目となるモイネロを投入して、空振り三振に仕留めてしのいだ。

 ソフトバンクはセットアッパーの岩崎とサファテがそろって長期離脱中。続く8回はモイネロを続投させた。

=2018/05/11 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]