ソフトB延長●も…初対戦の清宮は4タコ料理 東浜-甲斐の配球に見える警戒度

2回無死、空振り三振に倒れた日本ハム・清宮。投手・東浜
2回無死、空振り三振に倒れた日本ハム・清宮。投手・東浜
写真を見る

 ◆ソフトバンク4-5日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

 延長で日本ハムに競り負けたソフトバンクながら、初対戦となった清宮は徹底マークして封じた。

 東浜-甲斐の先発バッテリーは、2回無死での最初の打席、初球から外角低めに沈む変化球で入った。これを空振りさせ、2球目のストレートでファウル。3、4球目は再び変化球を外角低めに沈めて、空振り三振に仕留めた。

 4回1死一塁の第2打席は、初球カットボールが真ん中高めに抜けて危ない球になったが、清宮が強振して空振りした。カットボールとストレートが外れた後、沈む球をワンバウンドさせて空振りさせ、連続三振。投げミスすることなく外角低めへ続けた。

 6回1死の第3打席は外の変化球を見せ、2球目カーブが打ち損じを誘った(捕ゴロ)。ここまで計11球でストレートは2球だけ。前試合までストレートの割合は4割超あっただけに、まともな勝負は控えた様子がうかがえる。

 8回2死の第4打席で対戦したモイネロは、もともとストレートの割合が6割超。清宮に対して変化球とストレートを交互に投げ、6球目のストレートで遊飛に打ち取った。

 清宮はこの回限りで交代。デビューから7試合連続安打の後、2試合連続の無安打となった。

=2018/05/11 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]