ソフトB、今季初の「1番松田」 連敗脱出へ打線大改造

松田を1番にしたソフトバンクのスターティングメンバー
松田を1番にしたソフトバンクのスターティングメンバー
写真を見る

 ◆ソフトバンク-日本ハム(13日・ヤフオクドーム)

 2連敗中のソフトバンクが打線を大改造した。

 今季初の1番に松田。試合前まで打率.198と乗り切れていない中、復調にも期待しての起用となった。左腕対策でスタメン起用となった川島との1、2番コンビを組む。

 3番柳田、4番内川は不動ながら、こちらも試合前まで打率.179のデスパイネの打順を、一つ下げて6番。5番には、直近3試合で1番起用していた中村晃を置いた。7番には上林。

 前日12日の日本ハム戦は12安打を放ちながら11残塁を計上。つながりを欠いて3得点にとどまった。カンフル剤的な思い切ったオーダーで、効率的に得点を挙げられるか。

 先発はソフトバンクが武田、日本ハムが加藤。

=2018/05/13 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]