ソフトB工藤監督、2死満塁で“逆転勝訴” 柳田アウトで0点→リクエスト成功で4点

4回2死満塁、二塁へのゴロで一塁に駆け込む柳田。リクエストで判定が覆り適時内野安打に
4回2死満塁、二塁へのゴロで一塁に駆け込む柳田。リクエストで判定が覆り適時内野安打に
写真を見る
4回2死満塁、塁上で手を合わせる柳田。二ゴロがリクエストで判定が覆り適時打となった
4回2死満塁、塁上で手を合わせる柳田。二ゴロがリクエストで判定が覆り適時打となった
写真を見る

 ◆ソフトバンク-日本ハム(13日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク工藤監督が、リクエスト制度を活用して0点を4点に変えた。

 2点リードの4回2死満塁で、打席に頼みの柳田。初回には18試合連続安打となる右前打を放っていたが、引っかけて一、二塁間へのゴロとなった。

 ここで回り込んで処理した日本ハムのセカンド石井一が、一塁送球前にわずかにジャッグル。微妙なタイミングで一塁を駆け抜けた柳田は、アウトの判定に天を仰いだ。

 ソフトバンク工藤監督は、すかさずリクエスト制度によるリプレー検証を要求。入念な検証の結果、判定は覆り、結果は二塁への適時内野安打となった。なお満塁で、続く内川が三塁線を破る走者一掃の二塁打。結局4得点のビッグイニングとなった。

 日本ハム栗山監督は2回に三塁走者デスパイネのタッチアップを巡ってリプレー検証を要求したが、セーフの判定は変わらず失敗。両軍ともに積極的にリクエスト制度を活用するタイプの監督ながら、工藤監督が笑った格好だ。

=2018/05/13 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]