ソフトB武田2戦連続完封!杉内以来7年ぶり ノーノー止められたのは…6年前と同じ打者

ファンの声援に応える武田
ファンの声援に応える武田
写真を見る

 ◆ソフトバンク8-0日本ハム(13日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク武田が自身初となる2試合連続完封で、チームの連敗をストップした。

 失策や四球の走者は出ても日本ハム打線を寸断。6回1死まで無安打だった。初安打を許した相手は昨季までの同僚・鶴岡。お立ち台で「ほんと、1年目の初登板の時に似た流れだったんですけど、今日も鶴岡さんに打たれましたね。はい」と笑った。

 2012年7月7日、札幌ドームでの日本ハム戦に先発でプロ初登板。5回まで無安打に抑えながら、6回無死から中前打を許したのが、鶴岡だった。

 鶴岡はその後ソフトバンクへ移籍。再び日本ハムへ戻った今季、無安打投球を止められる数奇な巡り合わせだ。この回2死一、二塁とゲーム唯一のピンチを切り抜けると、そこから10人連続凡退で締めた。

 ソフトバンク投手の2試合連続完封は2011年5月の杉内以来。今季は開幕4戦未勝利と出遅れたが、一転して立て直し「今の調子を今後も続けていければ」と力を込めた。

=2018/05/13 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]