ソフトB内川が登録抹消 15日に自打球で左足打撲

ソフトバンクの内川聖一
ソフトバンクの内川聖一
写真を見る

 ソフトバンクの内川聖一内野手(35)が17日、左足首の打撲などのため今季初めて出場選手登録を抹消された。

 開幕から4番を務めてきた内川は15日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)の3回2死一塁での第2打席で、自打球が左足首を直撃。直後の守備には就いたが途中で交代し、仙台市内の病院で受けた検査で打撲と診断されていた。16日の同カードは試合前の練習にも参加せず、今季初めて欠場していた。

  内川に代わって、ジュリスベル・グラシアル内野手(32)が18日のロッテ戦(ZOZOマリン)で出場選手登録される予定。

=2018/05/17 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]