ソフトB柳田、連続安打22試合でストップ シーズン初対戦のボルシンガーに苦戦

6回1死、空振り三振に倒れた柳田
6回1死、空振り三振に倒れた柳田
写真を見る

 ◆ロッテ8-1ソフトバンク(19日・ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンク・柳田の連続試合安打が「22」でストップした。シーズンで初対戦のボルシンガーに抑え込まれ快音を響かせられず、チームも敗れ今季2度目の3連敗を喫した。

 柳田は初回、高めのカーブを捉えきれず左飛。4回は低めにコントロールされた真っすぐで遊ゴロ、6回は内角低めのカーブで空振り三振に仕留められた。

 6点を追う8回は1死一、二塁の場面でロッテ2番手のシェッパーズから四球を選んだが、この後は打席が回ってこなかった。

 柳田はサイクル安打を達成した4月21日の日本ハム戦から安打を続け、5月18日のロッテ戦で2013年の松田宣浩に並ぶ球団3位の22試合連続安打をマーク。南海時代の1988年にバナザードがマークした球団記録の28試合連続にどこまで迫るか注目されていた。

=2018/05/19 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]