ソフトB投壊12失点 工藤監督「ファンに申し訳ない。投手全体の士気を…」

試合を終えてグラウンドに一礼する工藤監督
試合を終えてグラウンドに一礼する工藤監督
写真を見る

 ◆ソフトバンク5-12西武(24日・ヤフオクドーム)

 投手陣が崩れたソフトバンクは今季ワーストの被安打17、ワーストタイの12失点。首位西武に手痛い逆転負けを喫し、ゲーム差は5.5に広がった。

 打順を大幅変更し、今季初4番に据えた柳田が3回に11号2ラン。先発ウルフを4回途中で降板に追い込んだが、試合中盤から旗色が変わった。

 継投に移った6回、嘉弥真が秋山に逆転3ランを被弾。1点ビハインドの7回に投入した加治屋も全て長打の4安打で3失点し、回の途中であきらめた。

 「来てくれているファンに申し訳ない試合」と切り出した工藤監督は「相手の気持ちに負ける形でこうなってしまった。まだ(6連戦中で)あと三つ続く。先発も1回でも長く投げないと。常にリリーフ、リリーフとなってしまえば、もたない。投手全体の士気を投手コーチに上げてもらって、また頑張ります」と語気を強めた。

 嘉弥真と加治屋はともにこの3連戦3連投。加治屋は20日ロッテ戦から4連投となった。サファテ、岩崎を欠くブルペンの消耗度は気掛かりだ。

=2018/05/24 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]