ソフトB止まらぬ痛恨被弾 リーグワーストもう50本台…直後ペゲーロ死球で騒然

7回1死、楽天の代打・藤田にソロを浴びた二保
7回1死、楽天の代打・藤田にソロを浴びた二保
写真を見る

 ◆ソフトバンク-楽天(25日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは痛恨の被弾が重なった。

 初回に3点を先行された直後、1点を返した。2点ビハインドで迎えた3回、先発・東浜がペゲーロに中越え2ランを許し、この回限りでプロ入り後最短のKO。

 2番手・高橋礼が3イニングを無失点に抑える間、2点を返して再び2点ビハインドで試合終盤に入ったが、7回に登板した二保が代打・藤田に右翼ホームランテラスへ今季1号ソロを被弾。伏兵にプロ初の代打本塁打を許した。

 ソフトバンクは試合前までリーグワーストのチーム被本塁打48。二保が浴びた一発で50に乗った。この回は二保から右上腕に死球を受けたペゲーロが怒りの表情でその場に立ち尽くし、場内は一時騒然。ペゲーロが踏みとどまり、大きな混乱に発展することはなかった。

=2018/05/25 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]