ソフトB今宮「神の手」再演! 則本から貴重な1点 右肘関節炎からスタメン復帰

5回2死二塁、中村晃の適時二塁内野安打で生還する二走・今宮。捕手は嶋
5回2死二塁、中村晃の適時二塁内野安打で生還する二走・今宮。捕手は嶋
写真を見る

 ◆ソフトバンク-楽天(26日・ヤフオクドーム)

 右肘関節炎から5試合ぶりにスタメン復帰したソフトバンク今宮が、昨秋の日本シリーズを思い出させる本塁突入を見せた。

 1-1の5回2死で則本から左中間二塁打を放ち、今季2度目の猛打賞。続く中村晃は二塁手前へボテボテのゴロで、楽天のセカンド藤田が処理して一塁送球を試みたが、ボールが手につかず落としてしまう。

 これを見た二塁ランナー今宮は一気に本塁を狙い、頭から飛び込んだ。拾い直した藤田が本塁返球しクロスプレー。判定はセーフで、楽天・梨田監督はすかさずリクエストによるリプレー検証を要求した。

 回り込んだ今宮が左手でホームベースに触るのが、捕手・嶋のタッチより早かった。検証の結果、判定は変わらずセーフ。勝ち越しホームインが認められた。

 今宮は昨秋、DeNAとの日本シリーズ第2戦での決勝ホームインの際、当初アウトの判定からリプレー検証の末にセーフ判定を勝ち取っていた。この時も回り込んで左手でのタッチだった。

=2018/05/26 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]