連敗「3」でストップのソフトB、工藤監督が試合前ミーティングでゲキ

8回無死、決勝ソロを放ち工藤監督とタッチを交わす柳田(右)
8回無死、決勝ソロを放ち工藤監督とタッチを交わす柳田(右)
写真を見る

 ◆ソフトバンク4-3楽天(26日・ヤフオクドーム)

 競り勝って連敗を「3」でストップさせたソフトバンクは、試合前のミーティングで従来からのチーム方針を再確認していた。

 同点の5回2死二塁で二塁走者の今宮が、中村晃の二塁内野安打の間、一気にホームイン。クロスゲームを制し、自身今季初の4安打でお立ち台に上がり「今日、試合が始まる前に、チームとして全力疾走や、当たり前のことをもう一回やろうと首脳陣が言ってくれた」と明かした。

 工藤監督も「まあ、ちょっと、そういうところが少し見受けられたとこもあったので。もう一回みんなで、そこは徹底してやっていこうとは、ミーティングで話はしてた」と言う。

 その上で「言うのは簡単だけど、それをほんとに実践するのは難しい。よくやってくれた。さすがという走塁。去年の日本シリーズを思い出しちゃうけど」と昨秋のDeNAとの日本シリーズ第2戦、当初のアウト判定がリプレー検証で覆った本塁突入も引き合いに、今宮を持ち上げた。

 右肘関節炎から5試合ぶりのスタメン復帰だった今宮は「僕たちも、やっぱりそれ(全力疾走など)ができてなかった。これからもう一回、初心に帰って、チーム全員でやっていきたい」と誓った。

=2018/05/26 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]