ソフトB摂津、2勝目の権利得て交代 6回2死走者なしでスイッチ

6回2死から2番手で登板し、無失点に抑えた嘉弥真を出迎える摂津(左)
6回2死から2番手で登板し、無失点に抑えた嘉弥真を出迎える摂津(左)
写真を見る

 ◆ソフトバンク-巨人(13日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの摂津が6回途中まで2失点と粘り今季2勝目の権利を手にして降板した。

 1-0の4回、岡本に同点ソロを浴び、陽岱鋼の中前適時打で勝ち越しを許した。それでも後続を抑えて踏ん張ると、バッテリーを組んだ市川が5回に逆転2ランを放った。

 1点リードに変わった6回もマウンドに上がった摂津は、長野、岡本をいずれも内野ゴロに仕留めて2死。続く左打者の阿部を迎えるところで、工藤監督は左投手の嘉弥真へのスイッチを球審に告げた。摂津はこの時点で106球。前の打席で二塁打を浴びていたとはいえ走者なしの場面での交代となり、嘉弥真が阿部を空振り三振に仕留めた。

=2018/06/13 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]