ソフトBついに4位転落 工藤監督「苦しいのは間違いない」 交流戦は6連勝→2勝6敗

代打福田(手前左)が空振り三振で試合終了。幕切れを見届けたソフトバンクベンチとスタンドの観客
代打福田(手前左)が空振り三振で試合終了。幕切れを見届けたソフトバンクベンチとスタンドの観客
写真を見る

 ◆ソフトバンク4-6巨人(14日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが3カード連続で負け越し、今季60試合目でリーグ4位に転落した。

 先発の石川が2回に阿部のソロ、4回は岡本の2ラン、6回は坂本勇のソロと自己ワーストの3被弾。6回5失点で降板し、今季3敗目を喫した。打線は巨人のドラフト1位ルーキー、鍬原から2回に松田が一時逆転の14号2ラン、6回には上林が8号ソロを放つなど4点を奪ったが及ばなかった。

 ソフトバンクは試合前時点ではリーグ3位だったが、0.5ゲーム差で4位だったオリックスが広島に勝ったため順位が入れ替わった。交流戦は初戦から6連勝の後に2勝6敗。苦しい戦いが続く工藤監督は「苦しいのは間違いないですけどね。でも、このメンバーでやっていかないといけない」と懸命に前を見据えた。

=2018/06/14 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]