ソフトB「鷹の祭典」始球式、HKT田中ワンバン投 タカ推しメンはあのレジェンド

始球式を務めるHKT48の田中美久
始球式を務めるHKT48の田中美久
写真を見る

 ◆ソフトバンク-日本ハム(9日・東京ドーム)

 毎年恒例イベントの「鷹の祭典」が開催され、始球式はHKT48の田中美久(熊本県出身)が、国歌独唱はタレントの森口博子(福岡県出身)が務めた。

 始球式では今年のAKB48世界選抜総選挙で10位に入った田中が、鷹の祭典仕様のユニホームに身を包んで登場。堂々と振りかぶって投じたボールは、ややそれたものの、ワンバウンドで捕手に届いた。

 田中は「99点です。(投げ方は)内之倉さんに教えてもらいました。ホークスの推しの方ですか? 内之倉さんです」と、元ホークス戦士の内之倉ブルペン捕手に感謝しきりだった。

=2018/07/09 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]