ソフトB育成新人が清宮と表彰式 周東、フレッシュ球宴で2安打 支配下へ猛アピール

表彰を受けボードを手にする(右から)ソフトバンク・周東、中日・石垣、日本ハム・清宮
表彰を受けボードを手にする(右から)ソフトバンク・周東、中日・石垣、日本ハム・清宮
写真を見る

 ◆フレッシュオールスター イースタン選抜1-3ウエスタン選抜(12日・弘前はるか夢球場)

 ウエスタン選抜で2安打をマークしたソフトバンクの育成ドラフト2位ルーキー、周東が優秀選手賞に輝いた。

 9番右翼でスタメン出場し、3回はドラフト1位で入団2年目のヤクルト・寺島から自慢の足を生かして左中間を破るエンタイトル二塁打。その後、先制のホームを踏むと、4回も左前打を放った。内野手登録ながら外野の守備でも好守を連発した。

 同じく優秀選手賞の日本ハム・清宮とともに表彰式に出席した22歳は「やるからにはMVPを取りたいと思っていたけど、シーズン中でもなかなかない活躍ができました。(支配下登録に向けても)いいアピールができたと思います」と笑顔。7月末の支配下登録期限を控えて大きくアピールした。

=2018/07/12 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]