満島真之介、ソフトB巻き返しへ熱弁「パ引っ張らないと拍子抜け」思い出ヤフオクDでピッチ

セレモニアルピッチで投げる満島真之介さん
セレモニアルピッチで投げる満島真之介さん
写真を見る

 ◆ソフトバンク-西武(16日・ヤフオクドーム)

 俳優の満島真之介(29)がセレモニアルピッチに登場した。

 吹き替えを担当した映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」にちなみ、衣装担当による手作りの恐竜着ぐるみで登場。サウスポーは低めにノーバウンドでキャッチャーミットに収めた。

 沖縄出身で、小学校時代は一塁手兼投手だったという。「夏は少年野球の九州大会が(福岡の)久留米であって、その後、ドームで野球を見るのが恒例でした。夢がかないました。ドームでの野球ってやっぱり、雰囲気が全然、違いますね」と興奮気味に話した。

 やがて「それより」と自身で話に区切りをつけ「(18日までの首位西武)3連戦、頑張ってもらわないと」と、前半戦はなかなか波に乗れなかったソフトバンクにエール。プライベートでヤフオクドームで試合観戦することも珍しくなく「ホークスがパ・リーグを引っ張っていってもらわないと、みんな拍子抜けだと思う」と熱弁を振るった。

=2018/07/16 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]