ソフトB返り討ち 大炎上の武田に工藤監督「立ち直って」 2回7失点で7敗目…再調整も

2回1死満塁、西武・浅村に2点二塁打を打たれた武田
2回1死満塁、西武・浅村に2点二塁打を打たれた武田
写真を見る

 ◆ソフトバンク5-12西武(18日・北九州)

 首位西武相手に同一カード3連勝を狙ったソフトバンクが、強力打線から返り討ちに遭った。

 先発の武田が初回に3失点、2回に4失点で自己最短2回KO。工藤監督は「ボールは、いってたように思う。ボールが少し、高かったかな」と首をかしげ「自分で制球が甘いところを分かってたのか、少し、腕が振れなくなってきてた」と振り返った。

 期待度が高い右腕だけに、工藤監督は「投げさせたい気持ちもちょっとあった。打たれる時もあるけど、うまく修正すると次に生きたりするところはある」と続けた。それでも「ちょっと、そこまでいかないかなという判断」と、試合中の立て直しは難しいと継投に踏み切った。

 5月に2戦連続完封を演じた右腕ながら、その後の先発7連続で勝てず、これで今季2勝7敗。指揮官は「気がついたところもある。アドバイスしたい。何とか立ち直って、チームの力になってくれることを願ってます」と話し、今後については「ピッチングコーチと話をする」と再調整の選択肢もうかがわせた。

=2018/07/18 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]