大敗で借金生活 ソフトB工藤監督「このままで終われない」も…先発ピッチャー火の車

楽天に敗れ、グラウンドに向かって頭を下げる工藤監督
楽天に敗れ、グラウンドに向かって頭を下げる工藤監督
写真を見る

 ◆ソフトバンク1-7楽天(28日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは好調の楽天に大敗し、開幕9試合消化時点以来の借金に転じた。

 先発の摂津が田中に初回先頭打者初球アーチを浴びるなど3回途中4失点でKO。岸を相手に、連日の満員となった観衆3万5830人の興味はそがれた。

 3連敗となった摂津は5日のビジター楽天戦でも2回5失点KO。試合後、工藤監督は「リベンジもしてほしかったし、こういう(チーム)状態のときに何とか、ベテランの力でという思いもあった」と渋い顔で「彼は彼なりに一生懸命、投げての結果。僕が悪い」と抑揚なく話した。

 2番手・高橋礼が7回までのロングリリーフで力投したが、小刻みに追加点を奪われ大敗。指揮官は「ファンの皆さんにも、こんなにたくさん集まってもらって。『鷹の祭典』という中でこうなって、ほんとに申し訳ない」と反省の弁を述べ「このままで終わるわけにいかない。みんなで力を合わせて、何とか明日(29日)、しっかり勝てるよう、気合入れて頑張ります」と力を込めた。

 もっとも、同一カード3連敗阻止を図る29日に先発を控えていた中田が、ウイルス性胃腸炎で出場選手登録抹消。工藤監督が「投げるピッチャーがいないところもある」と言うように、無期限で2軍調整中だった武田を急きょ先発起用せざるを得なくなった。昨季日本一チームの台所事情は苦しい。

=2018/07/28 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]