台風12号接近も29日ヤフオクDは試合開催へ 隣接ビーチパークは臨時休業

「ホークスサマースプラッシュ」会場では、台風接近に備え一部設備の撤去作業が行われた=28日午後
「ホークスサマースプラッシュ」会場では、台風接近に備え一部設備の撤去作業が行われた=28日午後
写真を見る

 ソフトバンクは28日、台風12号の接近に伴う球団の対応について発表した。

 午後5時半の発表時点で、29日の楽天戦(ヤフオクドーム)は通常通り開催予定。一方で、同ドームに隣接するシーサイドももち海浜公園地行浜地区に開業したばかりのアトラクション「サマースプラッシュ」は、29日は臨時休業とする。

 「サマースプラッシュ」は28日中に一部の設備を一時撤去。30日は定休日で、31日以降の営業は未定としている。

 ヤフオクドームでは「鷹の祭典」レプリカユニホームの配布ブースを、球場外から球場内へ移設することなどを検討している。観客の安全を確保するため、公共交通機関の運行状況などから開催の可否を判断。球団公式ツイッター(https://twitter.com/hawks_official)で案内している。

=2018/07/28 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]