お立ち台で早着替え 2死満塁で降板のソフトB千賀、嘉弥真へのリスペクト示す

千賀はTシャツの下にもう一枚
千賀はTシャツの下にもう一枚
写真を見る

 ◆ソフトバンク5-0日本ハム(10日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク千賀が、リリーフ左腕への敬意をヒーローインタビュー中に表現した。

 チーム7連敗中だった日本ハム相手に、毎回のように走者を背負いながらも粘りの投球。無失点でしのいで援護を引き出し「いい内容ではなかったと思います。(失点)ゼロだけは良かったですけども。まだまだだなと思ってやっていきたい」と振り返った。

 8回2死、レアードを歩かせて満塁としたところで降板。後を託した嘉弥真はアルシアへの代打鶴岡と対し、センター柳田の好守もあって辛くも中飛で切り抜けた。千賀は次回登板に向け「嘉弥真さんの力を借りないように頑張ります」と話すと、突如、Tシャツを脱ぎはじめた。

 着ていたデスパイネの来日通算100本塁打記念Tシャツの下から「火消の嘉弥真」とあるグッズTシャツが現れた。嘉弥真から着ていくように言われた後、デスパイネからもTシャツの誘いがあり、重ね着していたという。

 7月16日西武戦以来の8勝目を上げた右腕は「次はこの(嘉弥真の)Tシャツを着ないように頑張ります」と誓い、スタンドの笑いを誘っていた。

=2018/08/10 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]