ソフトBに8月3人目の“初勝利”投手 ミランダ白星デビュー「野球人生で大きな一日」

笑顔で中田(11)からウイニングボールを受け取るミランダ
笑顔で中田(11)からウイニングボールを受け取るミランダ
写真を見る

 ◆オリックス2-7ソフトバンク(18日・京セラドーム)

 ソフトバンクの新外国人左腕、ミランダが来日初登板初先発で白星デビューを飾った。

 直球とチェンジアップのコンビネーションがさえ6回途中4安打2失点。4回に吉田に同点2ランを浴びた後は追加点を許さず、6回に味方打線が一挙5点を奪い勝ち越した。米メジャー通算13勝の実力を発揮し、78球、無四球で記念すべき1勝をつかんだ。

 インタビューでは「自分の野球人生でも大きな一日になった。このようなピッチングができて満足」とうれしそうに振り返った。7月17日の入団会見後、2軍での調整をへて上がった1軍マウンド。「このような機会をくださったマネジャーさんや監督さんに感謝したい。皆さんに応援していただけるよう、今後も頑張っていきます」と謙虚に語った。

 ソフトバンクは8月に入り、育成出身の大竹が1日のデビュー戦でプロ初勝利、12日には4年目の松本裕が昨年6月以来の今季初勝利をマーク。7月まで1軍にいなかった戦力の奮闘もあり、チームの貯金はちょうど1カ月ぶりに「3」となった。

=2018/08/18 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]