また8回!ソフトB3連勝 中村晃「勝ちたい」V打 中止の西武はM9のまま

8回2死満塁、左前に適時打を放つ中村晃。投手は宮西
8回2死満塁、左前に適時打を放つ中村晃。投手は宮西
写真を見る

 ◆日本ハム7-9ソフトバンク(20日・札幌ドーム)

 ソフトバンクが3連勝を飾り、マジック9が点灯している西武のカウントダウンを進めさせなかった。

 先発の武田が4回途中6失点で降板。初回に清宮の3ランなどで4点を失い、2点差に迫った直後の4回にも追加点を奪われピンチを残して降板した。

 この後、打線が6回に一挙5点を奪い逆転。その直後に再び同点とされたが、打線が7-7の8回に4番手の宮西を攻めた。2死満塁から、そこまで無安打の中村晃が左前に勝ち越し打。直球2球で追い込まれながらも3球続いたスライダー、直球を耐えた後、7球目の直球を流し打ちした。「みんながつないでくれたチャンスだったので、打てて良かったです。とにかく今日は勝ちたいので、勝ち越せて良かった」とコメントにも気持ちをにじませた。

 ソフトバンクは西武に3連敗して17日に自力優勝が消えた後、18日のロッテ戦は7回以降の4得点で逆転。19日の同カードは0-0の8回に先制しており、3試合続けて終盤の得点で競り勝った。

 ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦が中止となった首位・西武とのゲーム差は6に縮まり、3位日本ハムとの差は4ゲームに広がった。

=2018/09/20 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]