清宮ソロに冷や汗もタカ6連勝 嘉弥真が球団タイ記録、西武と6差は変わらず

日本ハムに勝利してハイタッチをする工藤監督
日本ハムに勝利してハイタッチをする工藤監督
写真を見る

 ◆ソフトバンク2-1日本ハム(24日・ヤフオクドーム)

 投手陣が踏ん張ったソフトバンクが連勝を「6」に伸ばした。

 先発の大竹は3回まで毎回先頭打者に安打されながら、併殺打などで危機を回避し、無失点のまま2点リードの7回途中で降板。石川、嘉弥真、加治屋とつなぎ、9回2死から森が清宮にソロを浴びて1点差とされたものの、後続を絶った。

 8回に登板し1/3回を無失点だった嘉弥真は、これで2011年ファルケンボーグの球団記録に並ぶ31試合連続無失点。工藤監督は「ここまで(登板)60試合を超える中で、すばらしいこと。チームにとっても、僕らにとってもすごくありがたい」とねぎらった。

 また、森は並んでいたオリックス増井に、この時点で一歩先んじるリーグ最多の33セーブ目。首位・西武が楽天に延長で競り勝ってゲーム差は「6」のままで縮まらなかったものの、逆転Vへのわずかな望みをつなぎ続けている。

=2018/09/24 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]