V争い最終章は「7連勝vs10連勝」 奇跡なるか、ソフトB工藤監督全勝誓う

先発で力投する東浜
先発で力投する東浜
写真を見る

 ◆オリックス5-8ソフトバンク(25日・京セラドーム大阪)

 7連勝を飾ったソフトバンク・工藤監督が、6ゲーム差の首位・西武と激突する27日からの敵地3連戦を見据えた。

 初回に上林の先頭打者アーチなどで2点を奪い、中盤にも集中打で加点。先発の東浜が5回3失点で5勝目を挙げ、下位に沈むオリックスを下した。

 西武が負ければ自力優勝が復活していたが、その西武は9回に秋山の逆転満塁本塁打が飛び出す劇的な白星で10連勝。マジックは1つ減って5となった。27日からの直接対決は「7連勝」VS「10連勝」の構図となり、工藤監督の言葉にも熱がこもる。

 「本当にこれは、集中力とモチベーションと、絶対勝つんだという気持ちがお互いに出ていいゲームができている中で、3つ戦うんでね。うちがほんのわずかでも上回って、3つを何とか取って、いい戦いをしたいと思います」と全勝に照準を定めた。

 27日からの3連戦は西武が3連勝または2勝1分けで優勝。最大11.5ゲーム差からの逆転優勝を目指すソフトバンクは厳しい状況だが、3連勝して残りの試合に望みをつなげられるか。

=2018/09/25 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]