ソフトBデスパイネ“駆け込み2発” 30号に1本届かずもCSへ上々

1回、先制2ランを放ちベンチ前でポーズを決めるデスパイネ
1回、先制2ランを放ちベンチ前でポーズを決めるデスパイネ
写真を見る

 ◆ロッテ1-6ソフトバンク(8日・ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンク・デスパイネが今季最終戦で移籍後初の2打席連続アーチを放った。

 柳田に代わり4番で出場。初回2死一塁で左越えに先制の28号2ラン、3回は1死から再び左越えの29号3ランで計5打点をマークした。2打席連発はロッテ時代の2015年5月以来。ZOZOマリンでの1試合2発は16年まで在籍したロッテ時代も含め来日5年目で初となった。

 直球を捉えた3回のアーチを「前の打席に続き良い打撃ができた。シーズン最終戦をしっかりした形で締めくくりたい」と振り返ったデスパイネは、5回に四球を選んだ後、8回は先頭で空振り三振。その後は打席が回らず、35本塁打でタイトルを獲得した昨年に続く30本には届かなかった。

 8月から9月にかけての故障離脱もありながら、終盤は昨季2冠の存在感を発揮。13日に始まるクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージへ向けて弾みをつけた大砲は「CSに向けて調子を上げていきたい」と意気込んだ。

=2018/10/08 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]