ソフトB工藤監督、ズバリ継投でファイナルS王手 満塁ピンチで迷わず武田

4回1死満塁、二者連続押し出し四球を与え、マウンドを武田(18)に譲るミランダ
4回1死満塁、二者連続押し出し四球を与え、マウンドを武田(18)に譲るミランダ
写真を見る

 ◆パ・リーグCSファーストステージ:第1戦 ソフトバンク8-3日本ハム(13日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは試合中盤のピンチで継投策がピタリと決まり、ファイナルステージ進出に王手をかけた。

 3回まで1失点の先発ミランダが6点リードの4回、制球に苦しんだ。際どいボール判定も続いて2連続の押し出し四球。4点差とされ、なおも1死満塁で右打者の大田を迎える場面で、工藤監督は武田を投入した。

 本職は先発ながら今季は結果が続かず、シーズン終盤からブルペンに加えていた。「彼(武田)の外に投げるカットボールは、狙ってもそうそう打てるものではない。内野ゴロの確率も高いと思ったし、あそこは思い切って、鈍ることなく決断できた」という。

 結果的に、武田は初球の外角フォークボールで大田を三ゴロに打ち取る。なおも2死満塁で迎えた近藤はストレート2球で追い込むと、4球目のフォークボールで空振り三振に仕留めた。

 工藤監督は「4回からいけるように準備はさせていた」という。武田は6回まで8人連続斬りの好投。7回以降は石川、加治屋、森とつなぎ、追加点を許さなかった。

=2018/10/13 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]