ソフトバンクがパ初5年連続でファイナルへ CS最多タイ5発で決めた

6回無死、ソロを放つデスパイネ。投手はトンキン
6回無死、ソロを放つデスパイネ。投手はトンキン
写真を見る

 ◆パ・リーグCSファーストステージ:第3戦 ソフトバンク-日本ハム(15日・ヤフオクドーム)

 日本シリーズ進出を争うプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は15日、パ・リーグのファーストステージ(3試合制)第3戦が行われ、レギュラーシーズン2位のソフトバンクが3位の日本ハムを2勝1敗で下してファイナルステージ進出を決めた。

 引き分け以上で突破が決まるソフトバンクは、初回に明石がソロ。今CS初の先制に成功すると、同点の4回にデスパイネが勝ち越しソロ、松田宣が今CS初安打のソロで追加点を挙げた。その後も攻撃の手を緩めず、CS3球団目の1試合5本塁打。球団17年ぶりのシーズン200本塁打超え(202本)を記録した打線が得意の形で日本ハムを圧倒した。

 6試合制のファイナルステージは、10年ぶりにリーグ優勝した西武の本拠地メットライフドームで17日から行われる。ソフトバンクはプレーオフ(2004~06年)とCSを通じ、06~09年日本ハムを上回りパ・リーグで初となる5年連続のファイナルステージ出場(11度目)。ファーストステージを突破しての出場は4度目で、球団では初めてシーズン2位以下からの日本シリーズ進出を目指す。

=2018/10/15 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]