下克上へ勢いづくソフトバンク 勝負の布陣ズバリ的中、復帰内川も代打で即結果

内川とタッチを交わす工藤監督(左端)
内川とタッチを交わす工藤監督(左端)
写真を見る

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第1戦 西武4-10ソフトバンク(17日・メットライフドーム)

 ソフトバンクが現行プレーオフ、CSでのチーム記録を更新する16安打で先勝。リーグ優勝で1勝のアドバンテージがある西武との対戦成績を、1勝1敗とした。

 工藤監督は西武先発の菊池対策で、二遊間の顔触れをファーストステージから一気に変更。二塁手を明石から川島にして1番、遊撃手を高田から西田にして8番に置いた。明石、高田とも結果を残していた上、遊撃守備では高田に一日の長がある中で、右打者を重点起用した。

 これが奏功し、1点を追う4回には西田がつなぎ、川島が逆転打を放つなど打者9人で一挙5得点。指揮官は「みんなが勝つために一つになった」と喜んだ。7回にはこの日戦列復帰したキャプテン内川が、代打で初球安打。この回3得点につなげた。

 6点リードの終盤にはあえて加治屋、森と勝ちパターンを起用し、反撃を許さなかった。「最後に1、2点取られると次の日につながる。しっかり抑えたかった」と工藤監督。2位からの下克上へ、この上ないスタートを切った。

=2018/10/17 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]