ソフトバンク投手陣炎上、CS最多寸前9四球…工藤監督「一生懸命やった結果」

西武に敗れ、一礼して引き揚げる工藤監督
西武に敗れ、一礼して引き揚げる工藤監督
写真を見る

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第2戦 西武13-5ソフトバンク(18日・メットライフドーム)

 ソフトバンクは13失点と投手陣が乱調。4投手全員が失点し、複数四球を与えた。チーム計9与四球は2015年ファーストステージ第1戦でのロッテが記録した、CS最多の10に次ぐ数字だった。

 先発のミランダは初回、栗山に先制3ラン被弾。2回に4点を失った後も連続四球でピンチを招いた。3回には大竹が連続四球から失点。この回途中から登板し好投した高橋礼も、6回に2四球を出しつかまった。後を受けた寺原も7回に3四球が絡んで4点を失った。

 工藤監督はミランダについて「少し制球が…というところがあったけど一生懸命やった結果」。複数イニングを期待したが1イニングもたず降板となった大竹には「理想を言えばそうだけど一生懸命やった結果」。チームとしての四球の多さには「出そうと思って出す投手はいない。結果は受け止めなければいけないけど、一生懸命やった結果」と選手を終始かばった。

 リーグ優勝チームのアドバンテージを含め1勝2敗。第3戦に敗れれば日本シリーズ進出に王手をかけられる。「内容うんぬんより、明日(第3戦)に向かって何ができるか。安打の数はそんなに変わらない。そこ(四球)が減るだけで相手の得点もぐんと減る」と吹っ切るように話した。

=2018/10/18 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]