14年越し雪辱…ソフトバンクが日本シリーズへ 西武に4勝2敗で下克上返し

西武を破って日本シリーズ進出を決め、喜ぶ内川(右から4人目)らソフトバンクナイン
西武を破って日本シリーズ進出を決め、喜ぶ内川(右から4人目)らソフトバンクナイン
写真を見る

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第5戦 西武5-6ソフトバンク(21日・メットライフドーム)

 レギュラーシーズン2位のソフトバンクが10年ぶりにリーグ優勝した西武を4勝2敗(アドバンテージの西武1勝含む)で下し、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。

 4番・柳田が初回に先制の3点二塁打、1点差に迫られた後の6回は2号ソロと貫禄の活躍。先発・高橋礼からつないだ投手陣も一度もリードを許さず、第3戦から3連勝と西武を圧倒した。

 ソフトバンクの日本シリーズ出場は歴代3位の18度目(南海、ダイエー含む)で、シーズン2位以下からの出場は初めて。2004、05年はシーズン勝率1位もプレーオフで敗退(両年はプレーオフ優勝=シーズン優勝)、10年はシーズンで優勝しながらCSを突破することができず、パ・リーグ球団で唯一、しかも3度も「下克上」を許してきた。

 2ステージ制のプレーオフが導入された04年、当時のダイエーが苦杯をなめさせられた相手はシーズン2位の西武だった。逆の順位で14年越しの“リベンジ”を果たしたソフトバンクが14、15年に続き球団2度目の連続日本一を目指す。

〈優勝、1位以外の日本シリーズ出場球団〉
(1)04年西武(2位、1位はダイエー)
(2)05年ロッテ(2位、1位はソフトバンク)
(3)07年中日(2位、優勝は巨人)
(4)10年ロッテ(3位、優勝はソフトバンク)
(5)14年阪神(2位、優勝は巨人)
(6)17年DeNA(3位、優勝は広島)
(7)18年ソフトバンク(2位、優勝は西武)

=2018/10/21 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]