秋山鷹にオレ流の揺さぶり/日本シリーズ2011プレーバック

【第2戦】3回1死一、二塁、内川のバットのテーピングに落合監督(右端)が抗議、テープを剝がされる内川(左端)
【第2戦】3回1死一、二塁、内川のバットのテーピングに落合監督(右端)が抗議、テープを剝がされる内川(左端)
写真を見る
【第1戦】初戦を制しウイニングボールを浅尾(左)に手渡す岩瀬(中央)。右は先発のチェン
【第1戦】初戦を制しウイニングボールを浅尾(左)に手渡す岩瀬(中央)。右は先発のチェン
写真を見る
【第3戦】4回無死一塁、左中間スタンドに2点本塁打を放つ多村
【第3戦】4回無死一塁、左中間スタンドに2点本塁打を放つ多村
写真を見る
【第4戦】6回2死満塁、中日・谷繁を遊ゴロに打ち取り、ガッツポーズをする森福
【第4戦】6回2死満塁、中日・谷繁を遊ゴロに打ち取り、ガッツポーズをする森福
写真を見る
【第5戦】敵地、名古屋でで好投する山田
【第5戦】敵地、名古屋でで好投する山田
写真を見る
【第6戦】1回表2死一、二塁、右中間を破る先制の2点適時三塁打を放つ和田。捕手細川
【第6戦】1回表2死一、二塁、右中間を破る先制の2点適時三塁打を放つ和田。捕手細川
写真を見る
【第7戦】笑顔でビール掛けを楽しむ孫オーナー(右)と小久保
【第7戦】笑顔でビール掛けを楽しむ孫オーナー(右)と小久保
写真を見る
日本一となり、選手に胴上げされる秋山幸二監督
日本一となり、選手に胴上げされる秋山幸二監督
写真を見る

 リーグ優勝したソフトバンクと中日が順当にクライマックスシリーズ(CS)を突破して対戦。ソフトバンクが4勝3敗で8年ぶり5度目(南海、ダイエー時代を含む)の日本一に輝いた。敗れた中日ながら、このシーズン限りでの退任が決まっていた落合監督のもとソフトバンクを苦しめた。

◆第1戦(11月12日・ヤフードーム)ソフトバンク1-2中日
 中日が延長戦を制した。1-1の延長10回2死走者なしから小池が左越えにソロ本塁打を放って勝ち越した。先発のチェンが8回1失点と試合をつくり、浅尾-岩瀬の継投で反撃を許さなかった。
 ソフトバンクは和田が8回2安打1失点と力投したが、打線が4回の長谷川の適時打による1点に抑えられ、最後は馬原が踏ん張れなかった。

 ソフトバンク・小久保(右腕ネルソンか吉見というチームの先発予想が外れ、左腕チェンに苦戦)外れたね。明日は吉見ですか。(左腕の)ソトとちゃうやろな。吉見しかビデオ見いひんぞ。

◆第2戦(同13日・ヤフードーム)ソフトバンク1-2中日
 中日が2試合連続で延長戦を制し、2連勝した。1-1の延長10回、2死から内野安打と四球で一、二塁として森野の左前打で勝ち越した。吉見が7回途中1失点と粘り、浅尾、平井、岩瀬とつないだ。岩瀬は2試合連続セーブ。
 ソフトバンクは馬原が2試合連続で黒星。打線も再三、得点圏に走者を送りながら、7回に挙げた1点に終わった。

 中日・落合監督(0-0の3回無死一、二塁、打者ソフトバンク内川の場面で審判団にバットの確認を要求。グリップにテーピングを施していた内川の打席結果は中飛)バットのグリップの形が変わっているので何か入っているのではないか。確認してくれ。

◆第3戦(同15日・ナゴヤドーム)中日2-4ソフトバンク
 ソフトバンクが初勝利を挙げた。1回2死一、二塁で松田の中前打で1点を先制。4回は多村の2ランで加点し、3-1の8回には細川がソロを放った。摂津が4安打に抑え、7回1失点。ファルケンボーグが最後を締めた。
 中日は1回に四球と森野の失策が絡むなど守りが乱れて先制を許した。打線も終盤に粘りを見せたが、及ばなかった。

 ソフトバンク・多村(3安打。左中間への2ランに)いやー、打った本人がビックリするくらいよく飛んでくれた。完璧でしたね。

◆第4戦(同16日・ナゴヤドーム)中日1-2ソフトバンク
 ソフトバンクが逃げ切った。1回に小久保の適時打と失策で2点を先制。その後は得点できなかったが、2-1の6回無死満塁のピンチを救援の森福が無失点で切り抜けるなど、投手陣がリードを守り抜いた。
 中日は1回の荒木の悪送球での失点が最後まで響いた。打線も中盤に再三、好機をつくりながらも、あと1本が出なかった。

 ソフトバンク・森福(1点リードの6回無死満塁で登板。2回をパーフェクトリリーフ)気持ち一本で向かっていった。とにかく強気。集中して、思い切って投げ込むだけでした。

◆第5戦(同17日・ナゴヤドーム)中日0-5ソフトバンク
 ソフトバンクが3連勝で日本一へあと1勝とした。1回に小久保の左前打で1点を先制。2-0の8回は押し出し死球に多村の2点打で3点を加えた。山田は6回を3安打無失点で切り抜け、摂津、森福、馬原と無失点でつないだ。
 中日は3戦連続で1回に先制を許し、後手に回った。中4日で先発のチェンは8回に力尽き、打線もつながらなかった。

 ソフトバンク・山田(パ・リーグ育成出身投手で初の日本シリーズ白星)緊張はしませんでした。すごく楽しめました。

◆第6戦(同19日・ヤフードーム)ソフトバンク1-2中日
 中日が逃げ切った。1回に和田の右中間三塁打で2点を先制。2回以降は無得点だったが、先発の吉見が制球の良さを生かして8回2死まで5安打1失点と好投。岩瀬、浅尾とつないで反撃を断った。
 ソフトバンクの和田は立ち上がりの制球が不安定なところを狙われた。打線は4回に内川の適時打で1点を返したが、好機は少なかった。

 中日・和田(先制・決勝の2点三塁打)監督のもと、チームが勝つ野球を目指してきた。どんな形でもいいから勝ちたい。

◆第7戦(同20日・ヤフードーム)ソフトバンク3-0中日
 ソフトバンクの杉内が7回3安打無失点と好投した。ストライクが先行する投球で7回2死一、二塁でも藤井を三振に仕留めた。8回以降は3投手の継投で逃げ切った。打線は3回に押し出し四球で先制し、4回に山崎の右前打。7回には内川の中前打で加点した。
 中日は先発の山井が3回途中で降板し、打線も精彩を欠いた。

 ソフトバンク・小久保(日本シリーズ史上最年長40歳でMVP)9回は夢見心地でフワフワしていた。もうそんなに野球人生長くない。最高の思い出になった。

◆表彰選手
最高殊勲選手賞 小久保 裕紀(ソフトバンク)7試合 打率.320 0本塁打 2打点
敢闘選手賞 吉見 一起(中日)2試合 1勝0敗0セーブ 防御率1.29
優秀選手賞 杉内 俊哉(ソフトバンク)2試合 1勝0敗0セーブ 防御率0.61
      ファルケンボーグ(ソフトバンク)5試合 0勝0敗0セーブ 防御率0.00
      和田 一浩(中日)7試合 打率.217 1本塁打 3打点

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]