ソフトバンク「左翼デスパ」の攻撃布陣が裏目 広島が完勝で日本シリーズ先勝

1回無死、広島・田中の打球に向かって滑り込むも捕球できなかった左翼手デスパイネ
1回無死、広島・田中の打球に向かって滑り込むも捕球できなかった左翼手デスパイネ
写真を見る
ソフトバンクの日本シリーズ第1戦スタメン(上)と第2戦スタメン
ソフトバンクの日本シリーズ第1戦スタメン(上)と第2戦スタメン
写真を見る

 ◆SMBC日本シリーズ2018:第2戦 広島5-1ソフトバンク(28日・マツダスタジアム)

 セ・リーグ3連覇を果たした広島が先勝。34年ぶりとなる日本一へ、一歩前進した。

 第1戦は広島が先行、ソフトバンクが追いつく展開で延長12回を戦い、第1戦では32年ぶりのドローだった。

 迎えた第2戦も広島が先制。初回に鈴木が全力疾走で遊撃への適時内野安打を放ち、1点を奪った。3回には丸の犠飛、松山の左前適時打で2点を追加した。

 ソフトバンクは攻撃重視のオーダーが不発で広島先発のジョンソンに苦戦し、7回に松田宣の適時打で1点を返すのがやっと。それ以前に拙守が響いた。左翼に入れたデスパイネが初回、田中の飛球を二塁打にしてしまい、先制点を献上するきっかけに。3回も二塁川島の悪送球から2点を失った。

 第3戦は30日、舞台をソフトバンクの本拠地ヤフオクドームに移して行われる。

=2018/10/28 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]