ソフトバンク連勝、上林&デスパイネ弾で2勝1敗 広島は連日の誠也弾も及ばず

3回、先制2ランを放った上林(左)を迎える工藤監督(中央)ら
3回、先制2ランを放った上林(左)を迎える工藤監督(中央)ら
写真を見る

 ◆SMBC日本シリーズ2018:第4戦 ソフトバンク4-1広島(31日・ヤフオクドーム)

 リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち上がったソフトバンクが、2本塁打で競り勝って2連勝。対戦成績を2勝1敗1分けとし、今シリーズ初めて白星を先行させた。

 広島は初回に不振の丸が右中間二塁打。ここで一塁走者の菊池が本塁突入したが憤死し、先制のチャンスを逃した。逆に先制したのはソフトバンク。3回、上林が広島先発の野村から、右越えにシリーズ1号2ランを放った。

 広島は直後の4回に鈴木が2試合連続、今シリーズ3発目となる左中間へのソロで1点差。ソフトバンクはその裏、デスパイネが左翼席上段へ2戦連発となるシリーズ2号ソロを放ち、再び2点差とした。

 その後はソフトバンクが5回無死二塁、広島が6回2死一、二塁で無得点に終わったが、ソフトバンクは6回1死から中村晃がヒットエンドランを成功させ一、三塁。ここで松田宣の代打長谷川勇が中前適時打を放ち、リードを3点に広げた。

 先発東浜を5回限りで降板させたソフトバンクは、6回からモイネロ、武田とつなぎ、8回は第3戦で5失点した加治屋ではなく、嘉弥真を起用。9回をストッパー森が抑え、救援陣が無失点で逃げ切った。

 ソフトバンクは本拠地での日本シリーズ11連勝とし、1970~73年巨人がマークした同一球場での日本シリーズ連勝記録を更新。セ・リーグ球団はパ・リーグ本拠地での日本シリーズで14連敗と不名誉記録を伸ばした。

=2018/10/31 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]