甲斐キャノンが5連続盗塁阻止のシリーズ新記録 リクエストでセーフ判定覆る

1回1死一塁、広島打者・丸の時、一走・田中の二盗を刺す甲斐
1回1死一塁、広島打者・丸の時、一走・田中の二盗を刺す甲斐
写真を見る

 ◆SMBC日本シリーズ2018:第6戦 広島-ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

 ソフトバンクの捕手・甲斐が5連続盗塁阻止の日本シリーズ新記録を樹立した。

 0-0の1回の守り、広島は先頭の田中が左前打で出塁。続く菊池は送りバントに失敗して1死一塁となった。続く丸への2球目で、甲斐は一塁にけん制を入れる。1ボール1ストライクからの3球目、田中がスタートを切った。

 甲斐はすかさず二塁送球。田中の足がベースに入ったのが先か、ベースカバーに入った遊撃西田が田中の上半身に触れたのが先か、微妙なタイミングだったが、塁審はセーフと判定した。

 ここでソフトバンク工藤監督がすぐさまリクエストし、リプレー検証。結果、判定は覆ってアウトとなった。

 甲斐はこのシリーズ第1~4戦でいずれも1度ずつ盗塁を阻止し、1952年広田(巨人)、58年藤尾(同)のシリーズ記録4連続に並んでいたが、これで新記録となった。

=2018/11/03 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]