ソフトバンクが2年連続日本一 最後も甲斐キャノン&執念采配で初の下克上完結

日本一を決め胴上げされる工藤監督
日本一を決め胴上げされる工藤監督
写真を見る

 ◆SMBC日本シリーズ2018:第6戦 広島0-2ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

 リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち上がったソフトバンクが、大技小技で広島に4連勝。通算成績を4勝1敗1分けとし、2年連続9度目(南海、ダイエー時代を含む)の日本一を決めた。

 初回、ソフトバンクは広島先発ジョンソンの野選で1死一、二塁の好機を得たが、主軸が倒れて無得点。広島は無死一塁から菊池が送りバントに失敗し、田中の当初セーフと判定された二盗も、リクエストによるリプレー検証の結果アウトとされた。

 広島は2回2死一、三塁でも一走・安部が二盗失敗。ソフトバンクの捕手・甲斐の「キャノン」の前に6連続、このシリーズは8連続の盗塁失敗となった。

 先制したのはソフトバンクだった。4回無死一、二塁で工藤監督は内川に2試合連続の送りバントを命じる執念の采配。これが決まって1死二、三塁となり、続く西田が投前にスクイズを決めた。

 5回にはグラシアルの左越えソロでリードを2点に拡大。第2戦で敗戦投手になっていた先発バンデンハークは速球が走り、6回10奪三振で無失点の好投を見せた。

 逃げ切りを図るソフトバンクは7回に2番手で登板した武田が8回も続投し、イニング途中で嘉弥真が救援。工藤監督は不調のセットアッパー加治屋の投入を第5戦に続いて見合わせ、無失点で9回につないだ。最後はこのシリーズ5試合目の登板となったストッパー森が締めた。

 ソフトバンクがリーグ優勝以外でCS突破して日本シリーズに進出したのは今回が初めて。ダイエー時代の2004年、ソフトバンク初年度の05年はシーズン勝率1位ながらプレーオフで敗退し、当時の規定でリーグ2位扱いとなった。7年ぶりにリーグ優勝した10年にはCSで敗退し、勝ち上がったロッテが日本一になったこともあった。いわゆる「下克上」を許し悲運のイメージもつきまとった球団が、平成最後の日本シリーズで下克上の日本一をつかみ取った。

 リーグ最多95盗塁の広島は、このシリーズではことごとく盗塁に失敗。1954年西鉄、64年南海、75年阪急の7度を上回る8度の盗塁死で、持ち味の機動力を発揮できずじまいだった。

=2018/11/03 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]