ソフトバンク5年ぶりFA補強へ 2人獲得は過去2度、最大何人まで可能?

FA宣言したオリックス・西(左)と西武・浅村
FA宣言したオリックス・西(左)と西武・浅村
写真を見る

 ソフトバンクは7日、西武から国内フリーエージェント(FA)宣言した浅村栄斗内野手(27)、オリックスから国内FA宣言した西勇輝投手(27)の獲得に乗り出すことを表明した。

 1993年のFA制度導入後、国内球団からFA宣言してソフトバンク(2004年までダイエー)に移籍した選手は計13人。今オフに浅村、西が移籍すれば5年ぶりのFA補強、同一年に2人なら05年にソフトバンクとなってからでは10、13年に続き3度目となる。

 ダイエー時代後半は親会社の経営難もありFA市場に参戦しない期間が続いたが、ソフトバンクとなって以降は方針転換。10年から4年連続で参戦して計6人を獲得した。中田賢一、鶴岡慎也の2人を獲得した13年は、中日から宣言した中田が補償の必要のない年俸ランク「C」だったこともあり、大竹寛(広島→巨人)も含め同一年で3人と交渉した。

 FAに関して、日本人選手は08年から3段階にランク分けされており、在籍球団の日本人選手の年俸で1~3位が「A」、4~10位が「B」、11位以下が「C」。移籍した場合はこのランクによって前球団への補償内容が異なる。

 「A」は人的補償(プロテクト28人、外国人、直近ドラフトで獲得した選手以外が対象)1人プラス旧年俸の50%、または旧年俸の80%のみ。「B」は人的補償1人プラス旧年俸の40%、または旧年俸の60%のみ。「C」は人的、金銭とも補償不要。

 1シーズンのFA宣言選手が20人以下の場合、他球団から獲得できるのは2人までだが、Cランクは制限対象外となる。浅村、西はいずれも補償の必要なランクとみられる。

=2018/11/07 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]