ソフトバンク新井コーチ「まさか」 11年ぶりタカ復帰、王会長の電話に発奮

キャンプに合流し、来季2年目の増田を指導する新井コーチ
キャンプに合流し、来季2年目の増田を指導する新井コーチ
写真を見る
2004年の春季キャンプで川崎宗則(左)を指導する新井打撃コーチ(右)
2004年の春季キャンプで川崎宗則(左)を指導する新井打撃コーチ(右)
写真を見る

 ソフトバンクの2軍打撃コーチに就任した新井宏昌氏(66)が14日、宮崎市で行われている秋季キャンプに合流した。

 2008年以来、11年ぶりのソフトバンク復帰となり、背番号は77に決まった。今回のキャンプ中はユニホームを着用せず17日の最終日まで指導にあたる予定だ。

 練習前に就任会見に臨んだ新井コーチは、広島でコーチを務めていた15年以来の現場復帰に「まさかユニホームを着られるとは。非常に光栄です」などと述べた。

 コーチとして03、04年にダイエー、07、08年にソフトバンクに在籍した当時の監督だった王貞治球団会長からは、キャンプ合流前に電話をもらったという。「『思い切りやってもらったらいいからね』と言っていただいた。若手選手を育成、覚醒させたい」と意気込みを示し、ジャージー姿のまま精力的に若手に声を掛けて回った。

 新井コーチは1975年に南海入団。86年に近鉄へ移籍し、92年限りで引退するまで現役通算2038安打をマークした。引退後はオリックス、広島などでコーチを歴任。1軍打撃コーチを務めたダイエー時代は当時若手の川崎宗則やくすぶっていた村松有人らをレギュラーに育て、03年の打線はプロ野球史上最高のチーム打率.297をマークした。


=2018/11/14 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]