ソフトB松本裕は現状維持1200万円 ドラ1入団4年で3勝

現状維持で契約更改交渉を終えた松本裕
現状維持で契約更改交渉を終えた松本裕
写真を見る

 ソフトバンク松本裕樹投手(22)が7日、ヤフオクドーム内で契約交渉に臨み、現状維持の年俸1200万円でサインした。(金額は推定)

 プロ4年目の今季は腰痛、右肘痛もあって6試合登板にとどまり、1勝2敗、防御率3・45。「ケガが多くて野球やってる時間が少なかった。悔しいシーズンになりました」。球団からは「ケガなく1年間、投げられる姿を見てみたい」との言葉があった。

 盛岡大付高からドラフト1位で2015年入団。1年目は右肘のリハビリに費やし、2年目に1軍マウンドに上がった。3年目に15試合に登板し、プロ初勝利を含む2勝(4敗)。迎えた4年目はステップアップできなかった。

 来季は同学年の大卒ルーキーが入ってくる。自身のプロ4年を「理想とは違います」と断じつつ「自分の中で少しずつ、つかんできたものがある。少しずつやれることもできてきた」と前向きに整理した。

 年内は東浜、加治屋らとトレーニングを行う。「まずはケガなく一年間、やりきることが全てだと思う。しっかり一年間、戦えるような体づくりをしていきたい」。秋季キャンプで久保2軍投手コーチの下、フォーム修正をしており、勝負の5年目へ向かう。

=2018/12/07 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]