元ソフトバンク川崎氏「少し元気に」 今春退団後初の古巣訪問

ヤフオクドームにスーツ姿で訪れた川崎宗則氏=17日午前
ヤフオクドームにスーツ姿で訪れた川崎宗則氏=17日午前
写真を見る
ヤフオクドームを訪れ、樋越(左)と握手を交わす川崎宗則氏
ヤフオクドームを訪れ、樋越(左)と握手を交わす川崎宗則氏
写真を見る

 体調不良でソフトバンクを3月に退団した川崎宗則氏(37)が17日、古巣ヤフオクドーム内の球団事務所を訪れた。

 「少し元気になったので、あいさつしに来ました」と話し、昨年の現役当時に比べ髪は伸びたものの、変わらぬ笑顔を見せた。

 川崎氏は2000年にダイエー入りし、11年オフに海外FA権を行使して米球界へ移籍。昨年3月に古巣ソフトバンクへ電撃復帰したが両アキレス腱(けん)痛などで離脱、8月以降の1軍出場はないままシーズンを終えていた。

 昨秋以降はヤフオクドームだけでなく、福岡県筑後市のファーム施設にも姿を見せずリハビリに専念。今春のキャンプにも参加しないまま、3月に「自律神経の病気」を理由に退団した。当時は会見なども開いておらず、球団施設に姿を見せたのは今回が退団後初めてとなった。

=2018/12/17 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]