ソフトB和田3億円減の1億円 減額制限大幅に超える75%…今季1軍登板なし

契約更改後、ヤフオクドーム内で会見したソフトバンク和田
契約更改後、ヤフオクドーム内で会見したソフトバンク和田
写真を見る

 ソフトバンクの和田毅投手(37)が18日、ヤフオクドーム内で契約更改した。今季年俸4億円プラス出来高から、野球協約の減額制限(年俸1億円超は40%)を大幅に超える3億円ダウンで、1億円プラス出来高の1年契約でサインした。(金額は推定)

 米球界から2016年にソフトバンクへ復帰。3年契約最終年の今季は、春季キャンプ中の左肩違和感から1軍登板がなく、2軍でも2試合、計8イニングを投げるにとどまった。

 会見の冒頭で「だいぶ下がりました」とさっぱりとした表情で明かした。「3年契約の間にしっかり働けたのは1年。申し訳ない」と球団への思いを吐露し「戦力として計算していると言っていただいた。その言葉にも救われた。契約してもらえるのに感謝して、死にもの狂いでやりたい」と誓った。

 今月に入ってブルペンでの立ち投げを再開。現在は強度を上げている段階という。「何とか(球団に)恩返し、じゃないですけど、自分のパフォーマンスを1年間出したい」と視線を来季へ向けた。

=2018/12/18 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]