ソフトバンクで10年「悔いなく終われた」 沢村賞投手の摂津が引退会見

ヤフオクドームで現役引退を表明する摂津
ヤフオクドームで現役引退を表明する摂津
写真を見る

 ソフトバンクを昨季限りで退団した摂津正投手(36)が8日、ヤフオクドームで会見し、正式に引退することを表明した。

 会見の冒頭で「本日をもちまして皆様に引退のご報告をさせていただきます。本当に今までありがとうございました。10年という短い選手生活でしたが、本当に満足しています。後悔も悔いもなく終わることができました」と話した。

 秋田経法大付(現明桜)高、JR東日本東北からドラフト5位で2009年にソフトバンク入団。1年目から2年連続で最優秀中継ぎ投手となり、先発に転向した11年から5年連続で2桁勝利を挙げた。12年にリーグ最多の17勝をマークして沢村賞。10年目の昨季は登板7試合2勝4敗、防御率5・16で、オフに戦力外となり退団していた。

 通算成績は282試合で79勝49敗1セーブ73ホールド、防御率2・98だった。

 チームは11年に8年ぶりの日本一を達成後、主力投手の相次ぐ移籍や世代交代の時期が重なった。摂津はその中で大黒柱として投手陣をけん引。エースとして一時代を築いた。

 今後については「何かしら野球に携わりたい」と話した。

=2019/01/08 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]