ソフトバンク2位杉山が異例の初日ブルペン「どんどん」 新人合同自主トレ

新人合同自主トレ初日からブルペンに入った杉山
新人合同自主トレ初日からブルペンに入った杉山
写真を見る

 ソフトバンクの新人合同自主トレが9日、福岡県筑後市のファーム施設で始まり、ドラフト2位の杉山一樹投手(21)=三菱重工広島=がブルペン入りした。

 通常メニューを消化した後、屋内練習場に残ってキャッチボールの距離を伸ばし、一人ブルペンへ。立ち投げながら、スライダー、カーブも交え32球を投げた。

 チームの新人11人(育成4人を含む)で唯一の初日ブルペン入り。異例のことながら「どんどんアピールしていきたいなと思っていたので。無理に入ったわけじゃない。それなりに準備をしてきたので、違和感はない」と、即戦力候補の自覚を口にした。

 ランニングメニューで先頭を走る姿も見られた速球派右腕。「(新人の)ピッチャーの中で一番若い。僕が引っ張っていけたらなと。下からグイグイ。上をガブッといきたいですね」と、独特のボキャブラリーで意気込みを表した。

=2019/01/09 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]