ソフトBミランダがドタバタ来日 荷物紛失…バンデンハークが救った

来日したバンデンハーク(左)とミランダ
来日したバンデンハーク(左)とミランダ
写真を見る

 ソフトバンクのリック・バンデンハーク(33)とアリエル・ミランダ(30)の両投手が29日、同じ便で来日し福岡入りした。

 韓国・仁川空港から福岡に向かった2人だが、ここで思わぬハプニングが発生した。乗り換えの際、ミランダの荷物が一つ紛失したことが発覚。キューバ出身で英語が不得手な左腕が困り果てていたところに、英語も韓国語も堪能なオランダ出身のバンデンハークが空港職員と交渉し、事なきを得たという。

 2015年にソフトバンク入りする前年まで韓国球界でプレーした経験のあるバンデンハークは「荷物があってよかった。今年もチームの日本一を目指して頑張る」と笑った。先輩右腕の助けを得て、無事に福岡に着いたミランダは「ありがたかった。いい仲間と今季も協力して頑張る」と意気込んだ。

=2019/01/29 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]